マンションを貸すことでローンの支払いも楽になりました

マンションを貸して賃貸収入という選択

マンションを貸すマンションを貸す

査定を依頼した不動産会社は賃貸物件も取り扱っている会社で、査定後に何度か連絡を貰った中で、住宅ローンの残りが多くあり、売却しても住宅ローンが残ってしまうことを伝えました。
その時、マンションを貸すと言う提案を受けたのです。
転勤先での仕事は何年間になるのか分かりませんが、マンションを貸すと言うことは不動産を所有していることでもあり、仮に3年後に戻って来た時には同じ家に住み続けるチャンスもあるわけです。
売却すればマイホームを手放す、しかも住宅ローンの支払いが若干残ることになるので、転勤先の家賃とローンの支払いと両面を考えて行かなければなりません。
これはマンションを貸すのが最善であると思うようになったのです。
そんな時に、妻の言葉で再び目の前が真っ暗になりました。
それはマンションを第三者に貸し出すと同時に住宅ローンの支払いはどうするのか、新居の家賃とローンの支払いの両方を負担することは今の収入では無理な話でした。
査定を依頼した不動産会社の担当者に、このことを話すと笑っていました。

マンション購入の1年後に転勤命令マンションを貸して賃貸収入という選択オーナーになったことで年間貯金額が増加