マンションを貸すことでローンの支払いも楽になりました

オーナーになったことで年間貯金額が増加

マンション購入の1年後に転勤命令マンションを貸して賃貸収入という選択オーナーになったことで年間貯金額が増加

マンションを貸すと言うことは毎月家賃収入がある、この収入を使って住宅ローンを返済出来るため、経済的な負担は起きないと言うことでした。
確かに、考えて見れば担当者が言うように、家賃収入が得られるわけですから、その収入で返済を行えば良いわけです。
また、この不動産会社は賃貸管理のプロでもあり、未入居の場合には家賃保証を行って貰えるとのことでした。
ある程度の費用の支払いは必要ではありますが、家賃保証があれば、万が一入居者が見つからない時でも家賃の保証を受けることが出来るので安心ですし、家賃はこちらの希望で決めることが出来ます。
早速、家賃相場を調べて貰い、マンションを貸すための手続きを進めることにしました。
ちなみに、転勤先は東京とは異なり物価が安く、生活費も以前と比べても少ない金額で済みますし、家賃についても5万円の金額で広い専用庭付きのマンションを借りることが出来ました。
東京で生活している時よりも生活費や家賃が少ないので、貯金に回せるお金も増えましたし、貸し出したマンションはすぐに入居者が見つかったので、当月から家賃収入が得られるようになり、現在では家族3人で田舎暮らしを楽しんでおり、お先真っ暗の状態になったことが嘘のようです。

マンションを貸す / マンションを貸す